2007年01月23日

珍獣との出会い@

それまでは、公団住まい。
子供達に部屋を持たせてあげたい。
わんこを飼いたい!との願いから、
めっちゃ働き、念願の一戸建てをゲットGood

少し、落ち着いた頃、わんこ探し始まる。
荒川の土手近くに住む、Tさんと言う友人が、
「土手に犬を捨てに来る人が居るんだよ」と、言った。
「もし、そんな子が居たら、連絡して」と、頼んだ。

数ヶ月して、「うちの側じゃないけど、犬を保護した人が居て、
良かったら見に来ない?」との事だった。
黒くて、テリアっぽいらしい!どんな子かな〜?

保護された日。
その子は、蕨駅の側の大通りで走っていた。
危ないな〜と思って、見ていたのが、Sさん。
偶然にも、Sさんの車の下へ入り、おいで〜と呼んでみた。
すると、その子は、寄って来たと言う。
Sさんは、警察に行き、事情を話し、預かってくれる事になった。
各方面へ連絡をし、近くの娘さんのお宅へ向かった。

ボロボロの首輪だったらしい。
娘さん宅にも、Sさん宅にも先住犬が居る為、飼えない。
保護されて、二週間程経ち、飼い主が現れないので、
Tさんを通して、うちに連絡があったのだ。

2000年3月20日、会いに行った。
場所は、Sさん宅。
二百坪の敷地にお花がいっぱいのステキのお屋敷ぴかぴか(新しい)
先住犬のクマさんと、広い庭を走り回ってた。スゲ〜exclamation×2

ご年配の優しいご夫婦、そして、息子さん、娘さん
みんなが揃って、迎えてくれました。

とっても可愛い黒珍獣exclamation
すぐ、お気に入り〜揺れるハート
でも、どんな子でも、飼うつもりでした。
そこで、奥様は、言ってくれました。
何人、家族が居ても、一番世話をしてくれるのは、お母さん。
でも、あなたなら、大丈夫!と…
うれしかった。
こうして、助かった命!
警察に置いて行かれたら、失われてたかもしれない命!
助けて頂いたみなさんの為にも、大事にしなければ、
と、改めて思いました。

帰る時、ベッドや、ブラシ、缶詰など沢山頂きました。

そして、友人のTさんに抱かれ、我が家へ到着ダッシュ(走り出すさま)
黒珍獣は、戸惑いながらも、家の中を探検しだした。
やって来た頃の珍獣ヤギ
アルバムから…
PC240003.JPG

PC240001.JPG

そして、また、偶然に驚いた!

つづきます顔(メロメロ)




ニックネーム パルまま at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パルちゃんとの出会いのお話、とてもうれしくほのぼのとした気持ちになり、じっくりと読んでしまいました。
パルちゃんの昔の写真、毛がみじかかったんですね^^
続きがすごくすごく楽しみです。
Posted by 華ママ at 2007年01月24日 00:21
華ママさん☆
ありがとうございまするんるん
今より短く、黒小僧でしたね〜
最初から、珍獣オーラを出してました(笑)
Posted by パルまま at 2007年01月24日 00:31
続きが早く読みたい〜!
パルちゃんも強運の持ち主なんですねっ
優しい方に保護されて、今も愛されて。
心があったかくなりました(*^_^*)
Posted by ももママ at 2007年01月24日 09:42
ももママさん☆
ありがとうございますかわいい
本当に優しい方で、命の恩人です♪
パルは、ラッキーボーイですね!
Posted by パルまま at 2007年01月24日 19:54
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/692316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック